家族構成によって賃貸物件の選び方は変わります


単身者の場合は部屋数が少ない方がいい

賃貸物件を選ぶ際には家族構成もよく考えなければいけません。誰と住むかによって選ぶ部屋や住みやすい周辺環境は大きく変わります。まず単身者の場合、部屋数はそれほど必要ありません。単身者なのに二部屋以上の賃貸を借りると無駄に高い賃料を支払うことになるだけなので1部屋の物件で十分でしょう。一人暮らしの場合は料理をするかしないかで選ぶ部屋が分かれます。料理をしないというのであればシンプルな1ルームの部屋が最も家賃を抑えることができるでしょう。料理をするという人や女性ならば1Kタイプの部屋が最適です。もう少しゆったりとした気分で暮らしたいならば1DKや1LDKという選択肢もありますがその分賃料も高くなります。また単身者は外出する機会も多いでしょうから、繁華街へスムーズに行きやすい立地が便利です。

2人以上やファミリーの場合

カップルで住む場合、広い1DKの部屋にも住めないことはありませんが、将来のことを考慮すれば2部屋以上の物件を借りた方が子供が生まれたときでも住み続けることが可能です。立地条件としては単身者と同様、繁華街に近いところが便利でしょう。一方ファミリー層が賃貸物件を借りる際には適した環境が大きく変わります。お子さんが居る場合、繁華街近くだと事件に巻き込まれる可能性が高いので閑静な住宅街のほうが適しています。そして子供は体調を崩しやすいので病院が近いところの方が何かと便利でしょう。また毎日の買い物に利用することとなるスーパーも近場にあった方が便利です。間取りはやはり3部屋以上ある物件の方が適しているでしょう。

札幌中央区は地下鉄やJR、市電などが走り利便性に優れた場所です。その為、札幌中央区の賃貸料は他の区と比べると割高になっています。