引越してから後悔しない賃貸住宅の選び方とは?


まずは希望条件の優先順位を明確にする

新生活の基盤となる賃貸物件選びは、慎重に行う必要があります。もしここで誤った選択をすれば、生活が苦しくなり、また引越しを繰り返してしまうかもしれません。引越してから後悔しないためには、まずは希望条件の優先順位を明確にしておくことが重要です。家賃はいくらまでにするのか、駅などの公共交通機関に近い場所にするのかなど、賃貸物件には様々な条件が出てきます。全ての条件に合致する物件が出てくれば良いのですが、なかなか条件に見合う物件が見つからないケースも少なくありません。このような時に優先順位を決めておくと、スムーズに賃貸物件選びが進んで行きます。

絶対に譲れない条件も決めておくこと

賃貸物件を選ぶ時には、絶対に譲れない条件も決めておきましょう。例えば車を持っていない人が新居へ引っ越す場合、駅やバス停が近くにない場所に引越してしまうと、何かと不便です。また、お風呂とトイレが一緒の物件は嫌だという人も少なくありません。譲れない条件で妥協してしまうと、引越してから後悔する可能性が高いです。だからこそ、譲れない条件を明確にする必要があります。

家賃は無理のない範囲内にする

賃貸物件を選ぶ時には、家賃の許容範囲もしっかり決めておく必要があります。支出における家賃の割合が大きければ大きいほど、生活は圧迫する可能性が高いです。例として、月収20万円の人が家賃10万円以上の賃貸物件を選んでしまった場合、その他の生活費を切り詰めなければなりません。家賃が安ければ、貯蓄もしやすくなります。新生活で苦しくならないようにするためには、家賃は収入の3分の1以内にした方が良いでしょう。

北見の賃貸物件動向としては、状況は良く、新規の物件も増加傾向にあります。入居希望者も右肩上がりです。