こんな設備がついている集合住宅をおすすめします!


ロフト付き集合住宅が増加中

1980年代に建てられた集合集合住宅は、ロフト付き物件が多いとは言えません。しかし、1990年代以降に建てられたアパートやマンションにはロフト付き物件が多数あります。その人気を受け、21世紀に入るとさらにその数は増加していきました。ロフト付き住宅の最大のメリットは、例えば1Kの部屋が2Kに近い状態になるという事です。この広いスペースにたくさんの荷物を置いておく事が出来ますし、ふとんを2枚くらい敷ける場合は2人の友達や家族を狭い家に泊める事も出来ます。また、冬に床冷えがひどくて床にふとんを敷いて寝るのが厳しい場合、来客ではなく自分が冬季だけロフトの上で寝るような形をとる形もとれます。その他、ロフトに電気カーペットを敷いて冬に温かく過ごす事も出来ますので、特に北海道のような冬の気温が低い地域においては、冬季に様々なメリットを感じられる事でしょう。

他にもまだまだロフト付き物件にはメリットがありますので、特にワンルーム系物件を探している場合はロフト付きアパート・マンションを推奨します。

ウォークインクローゼットにも注目

衣料品というものは上手に管理するのが難しく、一度シワができてしまったらなかなか消えません。また湿度などにも細心の注意を払わなければならないため、衣料品の数が多い場合はウォークインクローゼット付きの物件を選んで厳重な管理の下で衣料を収納する事をおすすめします。畳まずに収納すればシワができませんし、着たい時にすぐにその衣料をウォークインクローゼットから取り出せます。

大手賃貸情報サイトでは全国の物件情報が調べられるため、江別の賃貸情報も閲覧可能です。サイトを事前に見ることで候補を絞れるので、効率的に住む場所を見つけられるメリットがあります。