戸建てのメリットとデメリットを考えてみる


戸建てのメリットとは

一戸建てにするかマンションにするかはマイホームを購入する腕悩むこととなるテーマの1つです。解決策としては双方のメリットとデメリットを考え、どちらが自分のとってメリットが大きいかを考えるのが一番です。では一戸建てのメリットとはどういった部分になるのでしょうか。最大のメリットはやはり資産価値を維持できるという点ではないでしょうか。マンションの場合購入するのはその部屋だけです。つまり建物としての価値しかないのでマンション自体の築年数が古くなれば目に見えて資産価値は減少していきます。

一方、戸建ての場合は建物だけではなくその土地も購入することとなります。建物の築年数が古くなればそれだけ建物としての資産価値は減少しますが土地の資産価値というものはよほどのことが無いが限り大きく減少しません。一戸建てを持つことで確かな財産を保有することができるのです。

戸建てのデメリットとは

戸建てのデメリットと相手は建物のメンテナンス費用を自分たちで捻出しなければいけないという点ではないでしょうか。マンションに住むことになると毎月管理費をしはらわなければいけません。この管理費やマンションを維持させるために使われます。将来部屋が老朽化して修理を余儀なくなれた場合も管理費を支払っているためマンション側がが修理をしてくれます。しかし戸建て住宅の場合は建物のメンテナンス費用を自分たちで捻出しなければいけないというデメリットがあります。建物というのは消耗品の結合体と言えますから、定期的にメンテナンスをしないと建物の寿命が縮まり、価値が大きく下がることになります。

近年は国分寺の戸建てに多くの人が注目しています。その特色は価格が安いことやキッチンなどの上質な住宅設備、そして快適な生活を支えてくれる高級な断熱材を使用している点です。