快適に暮らすために住宅設計を考える!注文住宅の賢い選び方


床下のデザインを変えて害虫対策

ムカデやシロアリなどの害虫被害に悩まされないように、注文住宅のデザインを変えるべきか迷っている時には、まずは床下の設計にこだわる事をおすすめします。床下換気扇を取り付けるだけでも害虫が床下に寄り付きにくくなり、害虫被害を軽減する事が可能です。シロアリ対策を意識したデザインにするのなら、床下の柱にカバーを取り付ける施工を依頼してください。

結露対策を意識した住宅デザイン

冬を迎えるたびに窓の結露が発生する住宅は、結露が原因で大量のカビが繁殖してしまい、家族の誰かがカビアレルギーを発症する事になりかねません。結露対策を意識した注文住宅を建築するために、二重サッシを最初から取り付けておく事をおすすめします。窓の断熱性を高めると光熱費も削減できるので、省エネ住宅で生活する事を夢見ている方々にも二重サッシは最適です。

天窓のある開放感あふれる住宅

開放感を楽しめる注文住宅を求めている時には、広々としたリビングを作るだけでなく、リビングに天窓を取り付けてみましょう。天窓があると直射日光が当たって、夏場の暑さに苦しむ事になりそうだと考える人もいますが、断熱性で優れる天窓であれば暑さも気になりません。

静かに調理ができるサイレントシンクのあるキッチン

キッチンの水が流れる音を不快に感じてしまう時には、注文住宅のキッチンにサイレントシンクを取り付けるだけで、水が流れる音も気にせずに調理を楽しめるようになります。夜中に水を流すたびにシンクの音が響いて、家族に迷惑をかけてしまうことを心配せずに済むのも、サイレントシンクを設置する利点です。

横浜の注文住宅の購入を考えている人は、まずハウスメーカーのモデルハウスを見学してからイメージを膨らませましょう。住宅展示場なら、複数のハウスメーカーを効率的に見学することができます。