飲食店を開業するときの店舗デザインの重要性


ほとんどのお客さんは外観で入る店を決める

飲食店を開業するときは、様々な場面で意思決定をしなければなりません。中でも重要なことの一つに「店舗のデザイン」については悩む所です。デザインと言っても外観と内装、両方とも極めて大切ですが特に見た目、つまり外観についてはそのデザインを見ただけでどんな雰囲気の店なのかが分かってしまうこともあります。

その店の前を通りかかった人が、その店に入店してみようかどうか決めることは、その店の外観によって決まると言われています。ですから飲食店成功のカギを握っているのは、「店の見た目」であるということなのです。喫茶店を開業するなら喫茶店風の外観に、居酒屋ならば居酒屋風という風に、お客さんに何の店なのかはっきり分かる外観デザインで造る事が大事になってきます。

店の事業内容によって内装のデザインも変わる

飲食店開業時に外観と同じくらい大事なのが「内装」です。内装は事業内容によって大きく変わります。例えば飲食店の場合キッチンが完全に見える状態にある店の場合と、完全に見えない状態にある場合など、業種によって違う造りにしなければならない時があります。

飲食店だと店内にテーブルや椅子、その他レジの配置にも気を配らなくてはなりません。お客さんが店内を歩きづらくなるような状態で配置したりしてはなりません。基本的に飲食店は20坪から30坪程度の小さな店が多いですので、その小さなお店をどう生かすかが重要になってきます。

店舗の「外観」と「内装」のデザインをどうするかによって、店の明暗が左右されるのです。

内装デザインで困ったら、専門の業者の様々な経験やアイデアが頼りになります。身近な店舗からホテルなどと言った施設まで、他とは違った個性が発揮できます。