新築マンションと中古マンションの違い!それぞれのメリット!


新築マンションのメリット

マンションを購入しようと考えたときに選択肢には、新築マンションと中古マンションがあります。新築マンションの一番の良い点は、新築で新しいことです。誰も使用していない新しい家で生活を始められるのが一番のメリットと言えるでしょう。室内だけではなく、マンション設備も新しくきれいです。建築技術の進歩もあり、10年前に建てられたマンションと今建てられているマンションとを比較すると、設備の面でかなり差がついています。新しいマンションほど耐震性などは非常に向上しています。
この他、新築マンションは仲介手数料が不要です。中古不動産を購入するときは不動産会社が間に入るため、仲介手数料がかかります。物件の3%ほどが相場になっているので、3000万円の中古マンションを購入したとすると約90万円の手数料を支払うことになります。

中古マンションのメリット

中古マンションの一番のメリットは価格が安さだと言えるでしょう。同じ立地で同じスペースの場合、仲介手数料を含めて計算しても安くなることが大半です。それに、中古マンションは物件数が豊富にあるのもいいところです。新築マンションの場合は、人気がある物件なら竣工時に完売してしまっているということもあります。
中古物件はすでに完成して人が生活している物件なので、マンションの現況を確認して内覧して購入できるのも良い点と言えるでしょう。
新築マンションと中古マンションにはそれぞれのメリットがあります。購入するときは何を重視するかを決めて、マンションを選びましょう。

宇都宮のマンションを探すなら、豊富な物件情報で希望のエリアやこだわり条件から理想のマンションが見つかるところがおすすめです。