心地よい間取りとは?!光の取り入れ方を考えよう!


単に日の光が入ればよいというものではありません

注文住宅で家を建てようと意気込んでいるそこのアナタ。実は、とにかく家の中に光を入れたいとがんばる方、結構多いのです。雑誌で見た吹き抜けを作りたい、大きなサッシを付けたいという気持ちが先行してしまうと、後から「厚い」「家具が置けない」と悩むことがあります。心地よい住宅には「心地よい日の光」と「住みやすい間取り」の両方が備わった設計をすることが必要なのです。

心地よい日の光を取り入れよう

LDKや玄関に吹抜を希望される方多いですが、実は南側に吹抜を設置すると、夏場は日の光がサンサンと差し込んで暑くなります。吹抜は北側に設置する方が効果的なのです。暑さや空調対策としては、サッシの種類や間取りにもよりますが、バーチカルブラインドやロールスクローンを付けたり、シーリングファンを設置することがお勧めです。

また、サッシの設置位置にも工夫してみて下さい。例えば、玄関に地窓を設けたり、寝室のベッド上部に高窓を設けたりすると、床や天井に日の光がサッと広がり、心地よい空間となるでしょう。

住みやすい間取りとは

住みやすい間取りと一口に言っても色々ありますが、その中の一つが家具の置きやすさです。大きなサッシをバーンと付けたいという気持ちはわかりますが、TVの置き場所やテーブルの配置なども同時に検討してください。コンセントやスイッチ等も考えながら。壁は実はとても重要な要素なのです。

最後に外から見ることもお忘れなく

今までは、家の中から見えることについてお話しました。しかし、家というものは外からも見えるものです。色々なところにサッシを付けて最終的に外観がごちゃごちゃとした建築デザインになってしまわないよう、外から見ることも忘れないようにして下さい。

間取りは、生活上の快適さを大きく左右するポイントとなり、賃貸物件や一戸建て住宅を選ぶ際に、図面を確認するだけでなく、見学をしながら生活のスタイルに合う物件を探すことが重要です。